くらし情報『東京メトロ「"魅力発信"プロジェクト」車両更新など7年で約4,000億円を投資』

2014年10月3日 08:20

東京メトロ「"魅力発信"プロジェクト」車両更新など7年で約4,000億円を投資

東京メトロ「"魅力発信"プロジェクト」車両更新など7年で約4,000億円を投資
東京メトロはこのほど、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた「東京メトロ"魅力発信"プロジェクト」を策定した。これまで計画していた施策に加え、施策の前倒しや新規施策の追加も合わせて取りまとめたもので、設備投資総額(2014~2020年度)は約4,000億円にのぼる見込み。

中でも金額として最も大きいのが、約1,200億円を投じる車両の快適性向上。照明のLED化や空調設備の強化に取り組むほか、銀座線・日比谷線・千代田線では全車両を更新する。バリアフリー設備の設置にも力を入れ、約470億円を投じて全駅でのエレベーター1ルート確保や多機能トイレ整備などをめざす。順次導入を進めているホームドアについても引き続き整備を進め、とくに競技会場の最寄り駅など、主要駅への先行設置を推進する。

外国人を含めてすべての人にわかりやすい地下鉄をめざし、情報提供や案内のあり方も改善。訪日外国人向け無料Wi-Fiをより使いやすく整備するほか、駅構内のサイン改良、券売機の多言語対応化などに取り組む。駅構内や列車内に液晶ディスプレイを設置し、視覚による情報提供も強化する。

駅改装や改良にも約800億円を投資。銀座線全駅と一部の駅について、それぞれの地域の特色を生かしたコンセプトに沿ってリニューアルを行う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.