くらし情報『セイコー、計測データをPCに転送できるNFC付ソーラー充電ストップウオッチ』

2014年10月10日 14:34

セイコー、計測データをPCに転送できるNFC付ソーラー充電ストップウオッチ

セイコー、計測データをPCに転送できるNFC付ソーラー充電ストップウオッチ
セイコーウオッチは10日、計測データをNFC経由でPCに転送できる、通信機能付きソーラーストップウオッチ「SVAJ701」を発表した。データ通信用NFCリーダー「SVAZ015」と専用アプリを組み合わせて使用する。発売日は11月14日。希望小売価格は13,000円。NFCリーダー「SVAZ015」は3,500円(いずれも税別)。

ソーラー充電式ストップウオッチ「SVAJ701」は、NFCデータ通信機能を内蔵し、PCにUSB接続したデータ通信用NFCリーダー「SVAZ015」に本体をかざすことで、計測データをPCに転送し管理できる。NFCの搭載で、データ計測後にノートなどへ転記する手間が省けるほか、誤記防止にもつながることがメリット。

転送データはCSV形式で保存される。同社はデータ管理用に、最大100台のストップウオッチが登録できるWindows 7 / 8用アプリケーションを、同社Webサイトで無償配布。アプリはデータ管理に加え、ストップウオッチとPCの時刻合わせ、充電残量の確認も行える。

本体サイズはW60.3×D21.0×H72.2mmで、日常生活用強化防水(5気圧防水)に対応する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.