くらし情報『『舞妓はレディ』の上白石萌音、初主演舞台で原発事故に巻き込まれた少女に』

2014年10月22日 06:00

『舞妓はレディ』の上白石萌音、初主演舞台で原発事故に巻き込まれた少女に

『舞妓はレディ』の上白石萌音、初主演舞台で原発事故に巻き込まれた少女に
主演映画『舞妓はレディ』(2014年)で山路ふみ子映画賞・新人女優賞を受賞した上白石萌音が、12月10日から東京・シアタートラムで上演される『みえない雲』で舞台初主演を務めることが22日、明らかになった。

同作は、チェコ出身のグードルン・パウゼヴァングによる青少年向け小説『みえない雲』が原作。世界13カ国で翻訳され、2006年にはドイツで映画化された。今回、日本で初めて舞台化されることになり、上演台本・演出を劇団「ミナモザ」主宰の瀬戸山美咲氏が担当する。

上白石が演じるのは、ドイツの田舎町シュリッツで原発事故に巻き込まれて家族や住む場所を失い、混乱の中を力強く生きる14歳の女の子。シアタートラムにて、16歳で主演を務めるのは上白石が初めてとなる。そのほか、陽月華、塩顕治、中田顕史郎、大原研二(DULL-COLORED POP)、浅倉洋介橘花梨石田迪子、つついきえ、佐藤真子間瀬英正大森美紀子(演劇集団キャラメルボックス)が出演する。

上白石は「この作品にはたくさんのテーマが詰まっていると思います。命の尊さ、生きるということの意味、家族の大切さ。これからお稽古をしていく中で、また新しいテーマにも出会うことになると思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.