くらし情報『水樹奈々が見た『宇宙戦艦ヤマト2199』、そして夢と原点「私が目指すイスカンダルは甲子園ライブと77歳ライブ」』

2014年11月6日 09:00

水樹奈々が見た『宇宙戦艦ヤマト2199』、そして夢と原点「私が目指すイスカンダルは甲子園ライブと77歳ライブ」

水樹奈々が見た『宇宙戦艦ヤマト2199』、そして夢と原点「私が目指すイスカンダルは甲子園ライブと77歳ライブ」
●森雪の自分の使命を全うする勇敢さ、男性顔負けのパワフルさが好き
『宇宙戦艦ヤマト』のTVアニメシリーズ40周年を記念して製作された『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』。現在イベント上映が実施されている『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』は、全七章の劇場公開後、2013年4月~9月までTV放送された『宇宙戦艦ヤマト2199』全26話に新規カットと新規収録ナレーションを追加し、シリーズ初の5.1ch化された特別総集編で、ヤマトの長い旅路を主人公・古代進の視点でイスカンダルへの旅路を振り返る構成となる。

本作のエンディングテーマ「BLUE」を担当したのは、声優、歌手として活躍する水樹奈々。『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章でもエンディングテーマ「愛の星」を担当している水樹だが、今回は、2つの楽曲に込めた想いや水樹から見た『宇宙戦艦ヤマト2199』、そして自身の夢と原点について話を伺った。

──まずは、水樹さんが持つ『宇宙戦艦ヤマト』という作品のイメージを改めてお聞かせください。

40年という時を経ても色褪せることのない素晴らしい作品だと改めて感じています。地球を救うというとても大きなテーマの一方で、さまざまな人間ドラマと織り成すキャラクターの人間力に圧倒され、いつの間にか自分も「ヤマト」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.