くらし情報『ティアック、USB出力が可能なアナログターンテーブル「TN-350」』

2014年11月6日 21:09

ティアック、USB出力が可能なアナログターンテーブル「TN-350」

ティアック、USB出力が可能なアナログターンテーブル「TN-350」
ティアックは11月5日、USB端子からのデジタル出力が可能なアナログターンテーブル「TN-350」を発表した。発売は11月下旬で、価格はオープン。推定市場価格は52,000円前後。

「TN-350」は、MM型カートリッジ対応のフォノイコライザーアンプを内蔵したアナログターンテーブル。新日本無線のオペアンプ「NJM8080」とTexas InstrumentsのA/Dコンバータにより、アナログレコードの音楽を48kHz/16bitのCD音質でデジタル化。USB端子を通じてパソコンなどに出力できる。

オーディオテクニカ製のカートリッジ(AT100E相当)を標準搭載。ユニバーサル式のトーンアームを採用しているので、好みのカートリッジに換装することも可能だ。ドライブ方式はベルトドライブ式となっている。

サイズはW420×D356×H117mm、重量は約4.9kg。キャビネットは天然木材に多層塗りを施し、光沢感を持たせている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.