くらし情報『東京都交通局と東京メトロ、都内143の地下鉄駅で無料Wi-Fi開始』

2014年11月26日 11:38

東京都交通局と東京メトロ、都内143の地下鉄駅で無料Wi-Fi開始

東京都交通局と東京メトロ、都内143の地下鉄駅で無料Wi-Fi開始
東京都交通局と東京メトロは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、12月1日より、東京の地下鉄駅のうち、多くの訪日外国人の利用が見込まれる143駅で無料Wi-Fiサービスを開始する。

通信事業者はエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォームとなり、同社が提供する認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」を介して、Wi-Fiサービスを利用できる。

サービスの利用時間は1回当たり3時間で、回数の制限はない。SSIDは、都営地下鉄の駅が「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」、東京メトロの駅が「Metro_Free_Wi-Fi」。

サービスを利用できる駅には以下のポスターが掲示される。

なお、東京メトロは独自のスマートフォンアプリ「MANTA」を介して、東京メトロ駅構内無線LANスポット内で無料インターネット接続サービスを提供してきたが、11月30日をもって、MANTAによるサービスをすべて終了する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.