くらし情報『日向坂46小坂菜緒、センターの重圧と戦いながら成長「気持ちは強くなった」』

2020年8月7日 13:00

日向坂46小坂菜緒、センターの重圧と戦いながら成長「気持ちは強くなった」

日向坂46小坂菜緒、センターの重圧と戦いながら成長「気持ちは強くなった」

●メンバーの明るさに引っ張られて自身も変化
昨年2月に「けやき坂46(ひらがなけやき)」から改名し、1stシングル「キュン」が発売初週で47万枚を売り上げるなど華々しいデビューを飾ったアイドルグループ・日向坂46。『NHK紅白歌合戦』に初出場するなど大躍進を遂げたデビュー1年目に密着したドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』が、新型コロナウイルス影響による公開延期を経て、8月7日に公開を迎える。

本作で映し出されるのは、輝きと苦悩が交錯する彼女たちの姿。追加メンバーオーディションによって2017年8月に2期生として加入し、1stシングル「キュン」から4作連続でセンターを務める小坂菜緒の苦悩も明かされる。「なんで私が?」となかなかセンターを受け入れることができず苦しかったいう小坂に、その苦悩をどのように乗り越えてきたのか話を聞いた。

友達に連れられて「けやき坂46」のライブビューイングを見て、追加メンバーオーディションを受けようと決意したという小坂。それ以前から「いつか芸能界に入りたい」と漠然とした思いはあったものの、ライブビューイングでアイドルのパワーを実感し、けやき坂46加入が明確な目標となった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.