くらし情報『Apple Mastered for iTunes認定のサウンドエンジニアとなったブンブンサテライツ - 新作『SHINE LIKE A BILLION SUNS』完成までの道程』

2015年2月4日 23:06

Apple Mastered for iTunes認定のサウンドエンジニアとなったブンブンサテライツ - 新作『SHINE LIKE A BILLION SUNS』完成までの道程

Apple Mastered for iTunes認定のサウンドエンジニアとなったブンブンサテライツ - 新作『SHINE LIKE A BILLION SUNS』完成までの道程
日本人アーテイストとして初めて、Mastered for iTunesのサウンドエンジニアとして認定されたブンブンサテライツの最新アルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』が本日、2月4日発売となった。iTunes Storeおよび、CDでの販売に加え、ハイレゾ音源の配信も行われている。

マイナビニュースでは、メンバーの二人、川島道行(Gt,Vo)と中野雅之(Ba,Gt,Key,Prg)から新作の制作背景についての話を聞いてみた。

──まずは、Mastered for iTunesのサウンドエンジニアとして日本人アーテイストとして初めて認定されたことについて感想を伺ってみたのだが、これには「光栄と言うか、はい、嬉しいです」と、とてもシンプルな答えが返ってきた。前作『EMBRACE』から約2年ぶりとなるアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』だが、この間、川島が脳腫瘍を発症。治療に専念するために、一時活動を休止せざるを得ない状況に置かれた。この困難を乗り越えた上での新作だけに、馳せる想いも並々ならぬものがあるのではないだろうか。

──作業はブンブンサテライツのプライベートスタジオである「studio NICE」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.