くらし情報『広田レオナ、真山明大&高橋ひろ無のキスシーンは「しなくていいところでも…」』

広田レオナ、真山明大&高橋ひろ無のキスシーンは「しなくていいところでも…」

2015年2月6日 18:00
 

関連リンク

・“メグリン”が英徳に転校!? 飯豊まりえ、役に「不安」も…「花のち晴れ」
・破産した「キャットウーマン」 美容整形で世界を仰天させた大富豪の転落人生
・江口ともみ“再会”した時は夫と抱擁…ぬいぐるみ愛語る
広田レオナ、真山明大&高橋ひろ無のキスシーンは「しなくていいところでも…」
映画『お江戸のキャンディー』のプレミア試写会が4日、都内で行われ、キャストの真山明大高橋ひろ無、橋本淳南羽翔平と監督を務めた広田レオナが出席した。

映画『お江戸のキャンディー』のプレミア試写会に出席した南羽翔平高橋ひろ無、広田レオナ監督、真山明大橋本淳(左から)

28日から池袋シネマ・ロサで公開する本作は、バレエ作品「白鳥の湖」の初版をモチーフに、男同士の恋愛を描いたBL作品。"EDO"で1番の美しさを誇る男花魁・白鳥太夫(真山)は、飴屋のセクシーなフリ松(高橋)と恋に落ちる。しかし、白鳥太夫は、自分にそっくりなお伝(真山)に惑わされたフリ松の心変わりを聞かされ、ある決断をする――というストーリーで、広田の夫で俳優の吹越満竹中直人も出演している。

清楚な白鳥太夫と妖艶なお伝の2役を演じた真山は、「セリフがあんまりないし、2役やるのは大変だなと思った。でも、衣装が華やかだったので、すんなり入り込めました」と撮影を振り返り、相手役の高橋は、「成就しないものが恋。恋をキラキラ終えたいなら、成就した瞬間に死ぬことが幸せなのかも」と究極の愛について熱弁。劇中で、2人はキスシーンに挑んでおり、広田監督が、「すごいキスしてましたね! 30回くらいしたっけ?しなくても良いところでもしてたし、キスシーンの後に、(真山が)『女性より良かった』って言ってた」と暴露すると、真山は、「本当に何の違和感もなく出来た」と赤面しながら照れ笑いしていた。

また、撮影現場での広田監督について、高橋が、「女性を感じさせない男気溢れる監督だった。映画に対する情熱を感じた」と印象を話すと、他キャスト陣からも次々と、「怒鳴る、怒る」と声が飛び、広田監督は「最初はドン引きしてたよね? 怖がって近づいて来なかった。私が目の前にいるのに、助監督の方に行っちゃって」と苦笑い。そんな本作では、総製作費600万円という低予算ながら、ナレーションを女優の桃井かおりが務めており、広田監督は、「最初は乗り気じゃなかったけど、衣装合わせの写真を1枚送ったら、『あんたバカじゃないの!? 最高じゃん!』って言って引き受けてくれました」と"友情"エピソードを披露していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.