くらし情報『綾野剛、男優主演賞受賞も俳優のジレンマに複雑「どこかで敗北感もある」』

2015年2月10日 20:11

綾野剛、男優主演賞受賞も俳優のジレンマに複雑「どこかで敗北感もある」

綾野剛、男優主演賞受賞も俳優のジレンマに複雑「どこかで敗北感もある」
第69回毎日映画コンクールの表彰式が10日、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールで開催され、各賞を受賞した綾野剛伊藤英明鈴木京香、三代目J Soul Brothers・登坂広臣らが出席した。同賞は毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社などが主催している映画賞。表彰式にはこのほか、安藤桃子安藤サクラの姉妹、池脇千鶴小松菜奈熊切和嘉監督、呉美保監督らが出席した。

『そこのみにて光輝く』で男優主演賞に輝いた綾野は「いやぁ…非常にうれしいです。本当にその言葉に尽きます」としみじみ。こうした賞には「毎回疑っていまして」と半信半疑な部分もあったが、同作は第38回モントリオール世界映画祭の最優秀監督賞をはじめ数々の賞を総ナメにしていることから「少しずつ自分のことを認めることも大事なんだということも同時に教わっています」。司会から受賞が励みになるかどうかを聞かれると、「どこかで敗北感もあるんですよね。このままだとこの作品に敗北するというか。これだけの評価を受けると…」と過去作を評価され続けることへの不安を吐露し、「敗北しないように闘っていきたい」と抱負を述べた。

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』で男優助演賞を受賞した伊藤英明は、「内心では飛び上がるほどうれしいんですが、この会場の雰囲気にのまれて」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.