くらし情報『いまだ企業で使い続けられるWindows XP - トレンドマイクロが注意喚起』

2015年4月13日 16:53

いまだ企業で使い続けられるWindows XP - トレンドマイクロが注意喚起

いまだ企業で使い続けられるWindows XP - トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロは10日、1年前の2014年4月にサポートが終了したOS「Windows XP」が、世界中の多くの企業でいまだ利用されているとして、注意を喚起した。

Windows XPの世界市場シェアは、オンライン統計サイト「Net Market Share」で2015年3月時点で約17%、同「StatCounter」で約11%以上という値になっている。また、米国政府のWebサイトを訪問したユーザー情報の分析では、Windows XPの市場シェアは5%以下だという。

Windows XPは2014年4月9日にサポートが終了し、脆弱性を修正するアップデートなどのサポートが行われなくなった。過去1年間に確認された、Windows XPに影響を与える可能性のある脆弱性のうち、Windows XPが含まれる更新プログラムは2014年4月に提供されたもののみで、後継OSに実装されたセキュリティ対策もXPには適用されていない。

同社は、2015年7月にサポートが終了するWindows Server 2003の利用にも警鐘を鳴らしており、Server 2003からの移行計画の準備・実施を強く推奨するとしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.