くらし情報『佐藤健、“原始人”と初共演「これまで様々な役を演じてきましたが…」』

2021年1月1日 06:00

佐藤健、“原始人”と初共演「これまで様々な役を演じてきましたが…」

佐藤健、“原始人”と初共演「これまで様々な役を演じてきましたが…」

俳優の佐藤健が新たに大林組のイメージキャラクターに就任し、1日から放送される新CM「つくるを拓く」編に出演する。

大林組が新たに策定したブランドビジョン「MAKE BEYOND つくるを拓く」に込めた思いを体現するメッセンジャーとして、自身の可能性を拓き続けている佐藤が起用された。佐藤はCMで、初めて「火」に遭遇した人類の祖先の前に突如姿を現す「時空の旅人」を演じる。

舞台は数百万年前の地球のとある広大な大地。雷に打たれ燃えている木に恐る恐る火近づく原始人たち。そこに佐藤が現れ、燃えさかる木を見つめながら「人類のものづくりは、火の発見によって進化したという説がある」と話しかける。得体の知れない謎の人物を前に思わず逃げ出そうとする原始人だが、佐藤が「逃げるな!」と一喝。「取りなよ」「君が取ってくれないと歴史始まんないんだよな」と火のついた枝を差し出す。とうとう受け取って皆で火に見入る原始人たちを見て「はい、歴史始まった」と呟く佐藤だった。ものづくりの歴史の始まりを象徴的かつ壮大なスケールで描いたCMとなっている。

ブランドビジョンにちなみ、芝居や作品を“つくる”ことについて佐藤に聞くと「凝り固まった方法論や常識、先入観のようなものを極力持たずに、常に目の前にあることへの最善のアプローチを考える、ということを意識しています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.