くらし情報『小松菜奈「私、こんなに声が出るんだ」 菊地凛子と母娘役でドラマW主演』

2015年5月15日 11:00

小松菜奈「私、こんなに声が出るんだ」 菊地凛子と母娘役でドラマW主演

小松菜奈「私、こんなに声が出るんだ」 菊地凛子と母娘役でドラマW主演
女優の小松菜奈が14日、主演を務めるWOWOW連続ドラマ『夢を与える』(5月16日スタート、毎週土曜 22:00~)の完成披露試写会に出席し、大声をあげる演技について「私、こんなに声が出るんだ」と自身への驚きを振り返った。

同作は、芥川賞作家・綿矢りさの原作で、綿矢作品を初めて連続ドラマ化。小松とともに主演を務める菊地凛子演じる元モデルの母親・幹子が、自分の夢を託し、小松演じる娘・夕子を芸能界デビューさせる。着々とスターの座に上り詰めていくが、スキャンダルにも巻き込まれ、やがて転落していく――というストーリー。夕子の幼少期は谷花音が演じ、小松は14歳から18歳までの思春期を演じた。多感な時期だけに、周囲と激突し、声を荒らげる場面も多い役。小松は「普段は大声を出さないので『私、こんなに声が出るだな』と新たな発見にもなった」と撮影を振り返った。

一方、「初めてこんなに大きい娘がいる役をやった」という菊地。相手は思春期の娘だけに「ちょっといびつな関係になり得るのが、母と娘の関係」と考えていたというが、実際に演じると「(母と娘の関係に)深く流れているのは、母性なんだなと感じた」と、あらためて認識したことを語った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.