くらし情報『ヤマハ、1000Wの大出力に対応した重量級サブウーファー「NS-SW1000」』

2015年5月17日 11:00

ヤマハ、1000Wの大出力に対応した重量級サブウーファー「NS-SW1000」

ヤマハ、1000Wの大出力に対応した重量級サブウーファー「NS-SW1000」
ヤマハは15日、新開発の1kWアンプを搭載したハイエンドサブウーファー「NS-SW1000」を発表した。6月中旬から発売する。税別価格は200,000円。

フラッグシップAVアンプクラスの大型アナログ電源を使ったデジタルパワーアンプを搭載。独自技術「YST(Yamaha Active Servo Technology)」方式と合わせて、リアルで躍動感に満ちた重低音再生を可能にしている。ポートノイズを大幅に抑制する独自技術「ツイステッドフレアポート」も装備。サイズ以上に迫力あるサウンドを体感できる。

スピーカーユニットは30cmのコーン型で、ウーファーユニットを新たに開発。フェライトマグネットを2枚重ねてボイスコイルの大振幅化などを達成した「ダブルフェライトマグネット」や、耐熱性に優れた4層巻ボイスコイルなどを採用している。

キャビネット部には、25mm厚の木質系素材を使ったエンクロージャを使用。不要な共振を抑え込み、底面の鉄製レッグといった音質チューニングとの相乗効果によって、音質はハイエンドクラスのシアターシステムに匹敵するとしている。

ボリュームや電源などを前面に配置したフロントオペレーション方式によって、使い勝手も向上させた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.