くらし情報『『千と千尋の神隠し』舞台化 主演は橋本環奈&上白石萌音「幸せ」「光栄」』

2021年2月26日 10:00

『千と千尋の神隠し』舞台化 主演は橋本環奈&上白石萌音「幸せ」「光栄」

『千と千尋の神隠し』舞台化 主演は橋本環奈&上白石萌音「幸せ」「光栄」

スタジオジブリの名作アニメ映画『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督)が、東宝創立90周年記念作品として初めて舞台化され、来年2月より上演されることが26日、明らかになった。主人公の千尋は、女優の橋本環奈と上白石萌音がWキャストで演じる。

宮崎駿監督の不朽の名作である『千と千尋の神隠し』は、2001年の封切り以降、爆発的な大ヒットとなり、2003年には米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞。日本での公開から18年が経った2019年には中国で初めて公開され大きな話題となるなど、その壮大かつ独創的な世界観が日本のみならず世界中で愛され続けてきた。

このたび、舞台化にあたり翻案・演出を手掛けるのは、ミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』をはじめ、『ナイツ・テイル』や『ダディ・ロング・レッグズ』など演劇史に残る名作を生み出してきた英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクター、ジョン・ケアード。かねてより『千と千尋の神隠し』の大ファンだったジョン・ケアードは、来日の折にスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと対話し、宮崎駿氏との対面も果たし、舞台化の許しを得た。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.