くらし情報『松本幸四郎、祖父や叔父に続いて長谷川平蔵役「根拠のない自信はあります!」』

2021年3月13日 16:00

松本幸四郎、祖父や叔父に続いて長谷川平蔵役「根拠のない自信はあります!」

松本幸四郎、祖父や叔父に続いて長谷川平蔵役「根拠のない自信はあります!」

2022年2月以降に公開を予定している映画『仕掛人・藤枝梅安』、『鬼平犯科帳』の製作発表記者会見が12日、都内で行われ、豊川悦司、松本幸四郎が出席した。

戦後を代表する歴史小説家、池波正太郎の名作『仕掛人・藤枝梅安』と『鬼平犯科帳』。これまで何度も映画やドラマ化された池波の代表作が、令和の時代になって再び映画化されることに。2022年2月に公開を予定している映画『仕掛人・藤枝梅安1』と同年5月公開予定の『仕掛人・藤枝梅安2』で主人公の藤枝梅安を豊川悦司、2024年5月に公開を予定している映画『鬼平犯科帳』の長谷川平蔵役には松本幸四郎が決定した。『鬼平犯科帳』は、劇場版と同時に連続シリーズの配信も予定している。

藤枝梅安を演じることになった豊川は「とてもとても大きな役で身が引き締まる思いであり、同時に縮こまる思いでもあります。俺が梅安? と自分の中でギャップがあって、子どもの頃に緒形拳さんが演じた梅安はヒーローだったのでまさか自分がやることになるという驚きがあって正直迷う部分がありました」と明かしつつ、「でも大森寿美男さんが書いたシナリオに監督が河毛俊作さんだからやるしかないと腹をくくり、チャレンジしがいのある仕事を映画の神様がくれたと思いましたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.