くらし情報『ソニー、フルサイズ4,240万画素の「α7R II」を国内発表』

2015年6月26日 10:04

ソニー、フルサイズ4,240万画素の「α7R II」を国内発表

ソニー、フルサイズ4,240万画素の「α7R II」を国内発表
ソニーは6月26日、有効4,240万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「α7R II」を発表した。8月7日の発売を予定している。価格はオープンで、推定市場価格は税別440,000円前後。

α7R IIはソニーのミラーレス一眼カメラにおける新フラッグシップ機。α7sの高感度性能、α7Rの高解像度、α7 IIの5軸手ブレ補正機能、α6000のワイドAFエリアを"いいとこ取り"した上で、さらに性能を高めた製品だ。

α7R IIは、世界初の裏面照射型フルサイズCMOSセンサー「Exmor R」を搭載。有効画素数は4,240万画素で、ISO感度は拡張102400まで対応する。センサーの表面にはARコーティングを施し、ローパスフィルターを省いた設計となっている。レンズマウントはEマウントだ。

399点の像面位相差AFポイントと25点のコントラストAFポイントによる「ファストハイブリッドAF」は、前モデルのα7Rに比べ40%のAF速度向上を実現。そのほか、単体での4K動画撮影、電子式のサイレントシャッターといった機能を備えている。

4K動画撮影機能については、外部ストレージ不要。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.