くらし情報『地方からプログラミング教育を盛り上げる! - Rubyの聖地 松江市で活動する「プログラミング少年団」とは』

2015年6月29日 08:00

地方からプログラミング教育を盛り上げる! - Rubyの聖地 松江市で活動する「プログラミング少年団」とは

地方からプログラミング教育を盛り上げる! - Rubyの聖地 松江市で活動する「プログラミング少年団」とは
プログラミング教育の必要性について議論が盛り上がっている昨今、Life is Tech! やCA Tech Kidsなどプログラミング教室を事業として行う企業も増えてきた。その一方で、総務省の調査結果をみると、プログラミング教室の開催地は都市部に集中しており、地方での開催例は未だ少ない現状もうかがえる。

こうした状況のなか、地方からプログラミング教育を盛り上げるべく、Rubyの開発者 まつもとゆきひろ氏が在住する島根県松江市を中心に活動を行っているのが、「Rubyプログラミング少年団」だ。

Rubyプログラミング少年団は、毎月第3日曜日の「しまね家庭の日」にあわせて小学3年生以上の児童を対象に1日プログラミング体験教室を開催している。「親と子どもの会話を大切に」という「しまね家庭の日」のコンセプトに沿って、子どもと保護者にそれぞれ1台ずつ用意されたコンピュータを使用し、親子でコミュニケーションをとりながら進めていく形式になっている。

プログラミングの作業に用いるのは、小型シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 2」とビジュアルプログラミングツール「Smalruby」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.