くらし情報『浜辺美波、風船銃に耳を塞ぎ「ビビりすぎ」撮影ではじけて監督もタジタジに』

2021年4月22日 21:40

浜辺美波、風船銃に耳を塞ぎ「ビビりすぎ」撮影ではじけて監督もタジタジに

浜辺美波、風船銃に耳を塞ぎ「ビビりすぎ」撮影ではじけて監督もタジタジに

『映画 賭ケグルイ絶体絶命ロシアンルーレット』(4月29日公開)の完成披露イベントが22日に都内で行われ、浜辺美波、高杉真宙、藤井流星(ジャニーズWEST)、池田エライザ、森川葵、英勉監督が登場した。

同作は河本ほむら・尚村透による人気同名コミックの実写化作。ドラマのSeason1、Season2、映画第1弾のヒットを経て、劇場版第2弾となる。ギャンブルの強さが自身の階級を決める私立百花王学園を舞台に、謎多きJKギャンブラー・蛇喰夢子(浜辺美波)を中心とした熾烈なギャンブルバトルが再び巻き起こる。

シリーズの中でもそれぞれ新たな姿を見せたという同作だが、これまでキャスト陣の戦いを見ている立場だった池田は「何なら、会長の席だけ別撮りみたいなときもあったじゃないですか。みんなの賭けを近くで見れることが嬉しかったんですよ」と喜び、「これまで歩いてるシーンもなかったので、どうしようというところから始まりました」と振り返った。

ドラマ『賭ケグルイ 双』も同時に撮影していたという森川については、浜辺が「もうガソリン満タン! みたいな。大丈夫かな、もう煙出てたよ」と指摘し、森川も「どうやら見てみたらエンジンふかしすぎてたみたいで、自分でちょっと引いちゃった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.