くらし情報『アキュラホーム、埼玉のモデルハウスに「Pepper」を採用』

2015年8月7日 08:30

アキュラホーム、埼玉のモデルハウスに「Pepper」を採用

アキュラホーム、埼玉のモデルハウスに「Pepper」を採用
木造注文住宅を手がけるアキュラホームは8月22日より、さいたま新都心展示場のモデルハウスにて、感情認識機能を持った人型ロボット「Pepper」1人の採用・常駐を決定した。

○「Pepper」が、モデルハウス来場者への商品案内などを実施

同社では、今年3月・4月に行なわれたユーザー向けイベントにて「Pepper」が開会の挨拶やプレゼンターを務めたところ、大変好評だった実績を受け、今回モデルハウスに常駐することを決定した。住宅業界では初めてとなる同取り組みは、Pepperソリューション企業である生活革命の協力を得て実現した。生活革命は、アキュラホームのビジネス・商品課題に基づく利活用アドバイザーと、Pepperソフトウェアの企画・開発者として貢献しているという。

さいたま新都心展示場内にある同社のモデルハウスに常駐予定の「Pepper」は、まずは夏のインターンシップ(就業体験)の一環としての採用となる。

モデルハウスでは来場者への挨拶や商品案内などを行なう。8月22日からは週末のシフトで、来場者の呼び込みや子供への対応など接客スタッフとして働く。9月5日からは常駐シフトを予定している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.