くらし情報『ヤマハ、Dolby Atmos対応の9.2ch AVレシーバー - DTS:XとHDRも後日サポート』

2015年8月20日 13:00

ヤマハ、Dolby Atmos対応の9.2ch AVレシーバー - DTS:XとHDRも後日サポート

ヤマハ、Dolby Atmos対応の9.2ch AVレシーバー - DTS:XとHDRも後日サポート
ヤマハは8月20日、AVレシーバー「RX-A3050」「RX-A2050」「RX-A1050」を発表した。発売はRX-A3050が9月下旬、RX-A2050が9月上旬、RX-A1050が9月中旬を予定。価格はすべてオープンとなっている。推定市場価格はRX-A3050が290,000円前後、RX-A2050が165,000円前後、RX-A1050が105,000円前後(すべて税込)。

○「RX-A3050」

RX-A3050は、200W×9chの9.2chモデル。11.2chへ拡張可能な端子を搭載している。DACチップはES9016とES9006Aを使用。このほか、独自の音場技術「シネマDPS」の最上位「シネマDSP HD3」を採用している。本体サイズはW435×H192×D474mm、重量は約19.6kg。

○「RX-A2050」

RX-A2050は、190W×9chの9.2chモデル。DACチップはES9006Aをデュアル搭載。シネマDPSは3Dモードを採用している。本体サイズはW435×H192×D474mm、重量は約17kg。

○「RX-A1050」

RX-A1050は、140W×7chの7.1chモデル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.