くらし情報『東芝、30秒で40℃の温風を吹き出すエアコン』

2015年8月27日 16:20

東芝、30秒で40℃の温風を吹き出すエアコン

東芝、30秒で40℃の温風を吹き出すエアコン
東芝ライフスタイルは8月27日、「プラズマ空気清浄機能付エアコン DRシリーズ」を発表した。冷房定格能力2.2kW(6畳用)~8.0kW(26畳用)までの10モデル。発売は11月下旬で、価格はオープン。推定市場価格は冷房定格能力によって異なり、210,000円前後から350,000円前後だ(いずれも税別)。

また、東芝ライフスタイルは同日、外気温度-27℃でも運転可能な寒冷地向けモデル「DRNシリーズ」も発表した。冷房定格能力が2.8kW(10畳用)~6.3kW(20畳用)までの4モデル。発売は9月下旬で、価格はオープン。推定市場価格は冷房定格能力によって異なり、260,000円前後から320,000円前後だ(いずれも税別)。

DRシリーズは、エアコン停止中もエナジーセーブコンプレッサーによって予熱運転をすることで、暖房運転を開始してから約30秒で、約40℃の温風を吹き出せる「秒速ダッシュ暖房」を搭載。秒速ダッシュ暖房は1日2回時刻予約できる。

室内機の正面約25mと左右約15mまで送風する「パワフル気流」で、すばやく部屋中に暖気を届ける。「人サーチセンサー」と組み合わせることで、暖房の風を直接人に当てない「風よけ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.