くらし情報『武藤工業、50cm角の造形が可能なエンプラ対応3Dプリンタ「MR-5000」を発売』

2015年9月1日 11:34

武藤工業、50cm角の造形が可能なエンプラ対応3Dプリンタ「MR-5000」を発売

武藤工業、50cm角の造形が可能なエンプラ対応3Dプリンタ「MR-5000」を発売
武藤工業は9月1日、大型樹脂溶解積層方式3Dプリンタ「Value 3D Resinoid MR-5000(MR-5000)」を同日より発売すると発表した。

「MR-5000」は、300℃の高温に耐えることができる新開発ヘッドを搭載することで、エンジニアリングプラスチック(エンプラ)での造形に対応。ACサーボモータによって制御することで、300mm/secで±15μmの精度を実現した。また、エンプラでの造形に対応するため特殊アルミ材を使用した造形テーブルは、最高150℃でも平面を維持し、100kgの荷重に耐えることができる。これら新開発ユニットを組み合わせたことで、従来のABSやエラストマー樹脂のほか、約300℃で吐出可能なナイロン、ポリカーボネートといったエンプラでの高速造形を実現した。さらに、新開発ヘッドの特性を活かして、マテリアルをヘッドごとに使い分けることで、樹脂の複合化などの検証も可能とした。

「MR-5000」の最大造形サイズは500×500×500mmで価格は1000万円(税別)を予定しており、今後3年間で100台の販売を目標としている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.