くらし情報『改竄されたCiscoルータ、世界中で80台ほど検出』

2015年9月18日 11:00

改竄されたCiscoルータ、世界中で80台ほど検出

改竄されたCiscoルータ、世界中で80台ほど検出
9月16日(米国時間)、Threatpostに掲載された記事「Scan of Internet for Compromised Cisco Routers Finds Fewer Than 100|Threatpost|The first stop for security news」が、ファームウェアの改竄されたCiscoルータを調査したところ、世界中のIPv4ネットワークにおいて79台のルータが改竄されていることが確認されたと伝えた。

先日、Ciscoのルータには特定の手段を取ることでファームウェアの改竄が可能であることが伝えられたが、これを受けて研究者らが世界中のIPv4ネットワークを調査。改竄されたCiscoルータにログインする方法(特別に細工したTCPハンドシェークパターンを使用)を使って対象のルータが改竄されたものであるかどうかを調査し、世界中のIPv4ネットワークにおいて79台の改竄が確認されたと指摘している。

調査に使われたのはZmap toolと呼ばれるシステムで、このシステムを使用するとインターネット網を45分でスキャンできるとされている。79台のうち25台は米国に存在すると見られたほか、アジアとアフリカにおいても相当数が確認されたと説明がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.