くらし情報『リコー、水深14mで2時間使えるコンデジ「RICOH WG-40」』

2015年9月25日 10:00

リコー、水深14mで2時間使えるコンデジ「RICOH WG-40」

リコー、水深14mで2時間使えるコンデジ「RICOH WG-40」
リコーイメージングは9月25日、防水性能と耐落下衝撃性能を強化したコンパクトデジタルカメラ「RICOH WG-40」と「RICOH WG-40W」を発表した。発売は10月23日。価格はオープンで、推定市場価格はWG-40が3万円台半ば、WG-40Wが3万円台後半(いずれも税込)。

○RICOH WG-40

2014年10月に発表された「RICOH WG-30」の後継モデル。カラーはブラックとイエローの2色を用意する。IP68相当の防塵・防滴性能を備え、水深14mで連続2時間の水中撮影が可能なほか、1.6mからの落下に耐えうる耐衝撃性能を持つ。マイナス10度でも動作する耐寒構造や、100kgf(重量キログラム)までの重さに耐える耐荷重構造を採用する。

水中での撮影をサポートする機能として、「マーメード」と「マーメードムービー」モードを引き続き搭載。色再現やコントラストなどの画像処理を最適化し、水中で失われがちな赤系の色を美しく再現できるようにしたほか、コントラストの低下を効果的に補正し、クリアな画像を実現している。マーメードモードには、1度のシャッターでフラッシュ非発光と発光の2枚を連続して撮影しておけるフラッシュモード「発光禁止+強制発光」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.