くらし情報『上映後の舞台上で主題歌「少女交響曲」生ライブを披露! 劇場版『Wake Up, Girls! 青春の影』舞台挨拶』

2015年9月27日 15:04

上映後の舞台上で主題歌「少女交響曲」生ライブを披露! 劇場版『Wake Up, Girls! 青春の影』舞台挨拶

上映後の舞台上で主題歌「少女交響曲」生ライブを披露! 劇場版『Wake Up, Girls! 青春の影』舞台挨拶
劇場版『Wake Up, Girls! 青春の影』の公開記念舞台挨拶が9月27日、東京・TOHOシネマズ新宿で開催され、吉岡茉祐、青山吉能、田中美海山下七海高木美佑永野愛理奥野香耶といったキャスト陣7人と山本寛監督が登壇し、トークとミニライブを行った。

『Wake Up, Girls!』は、監督をアニメーション演出家の山本寛氏、脚本を待田堂子氏、音楽を神前暁氏とMONACA所属アーティストたちが手がけるアイドルコンテンツプロジェクトとして2012年に始動。完全オリジナルアニメで、内容はアイドルマニアである山本寛監督のこだわりや美意識が色濃く反映されたものとなっている。

キャストは本作のために行われた全国オーディションで選考。吉岡茉祐(よしおかまゆ)が島田真夢(しまだまゆ)役を演じるというように、キャラクターにキャストの名前と個性を反映させ、未経験の新人たちにキャラクターと同じようにレッスンを重ねさせてステージに立たせるというリンク感が特色の作品で、「Wake Up, Girls!」も、作品タイトルであるとともにアニメの世界と現実で活動する7人のユニット名となっている。

2014年1月には劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』とTVアニメシリーズ『Wake Up, Girls!』を同時に公開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.