くらし情報『『重戦機エルガイム』レッシィが駆る"赤いディザード"がROBOT魂で立体化決定』

2015年9月28日 19:30

『重戦機エルガイム』レッシィが駆る"赤いディザード"がROBOT魂で立体化決定

『重戦機エルガイム』レッシィが駆る"赤いディザード"がROBOT魂で立体化決定
バンダイが展開するアクションフィギュアシリーズ「ROBOT魂」より、『ROBOT魂<SIDE HM>ディザード』の予約受付が、「プレミアムバンダイ」にてスタートしている。2016年3月発送予定で、価格は8,424円(税込)。

「ディザード」は、富野由悠季監督の作品で、1984年~1985年にかけて放送されたTVアニメ『重戦機エルガイム』に登場するロボット兵器「ヘビーメタル(HM)」で、「コピー・エルガイム」(量産型エルガイム)とも呼ばれている。ガウ・ハ・レッシィ、ファンネリア・アム、ミラウー・キャオ、セムージュ・シャトは搭乗。主にレッシィが駆る赤いディザードの1号機は、パーツの精査や組み立ての精度が高く、A級HMに匹敵する性能を持っており、今回はこの赤いディザードとなる。

『ROBOT魂<SIDE HM>ディザード』は、真紅のカラーリングを鮮やかの表現しながら、これまでの「ROBOT魂」シリーズと同様に豊富な可動域を確保。2011年の『ROBOT魂<SIDE HM> エルガイム』と合わせてディスプレイしたい仕上がりで、立体化の機会の少ないディザードにおける決定版フィギュアとなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.