くらし情報『菅田将暉、吉田鋼太郎の発言に「ダメなやつ!」6人だけの特殊な撮影振り返る』

2021年9月22日 22:09

菅田将暉、吉田鋼太郎の発言に「ダメなやつ!」6人だけの特殊な撮影振り返る

菅田将暉、吉田鋼太郎の発言に「ダメなやつ!」6人だけの特殊な撮影振り返る

映画『CUBE 一度入ったら、最後』 (10月22日公開)の完成披露試写会が22日に都内で行われ、菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎、清水康彦監督が登場した。

同作は1997年に公開され、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇る、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画『CUBE』の公認リメイク。目が覚めると謎の立方体=CUBEの中に閉じ込められていた男女6人(エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員)……何の接点もつながりもなく理由もわからないまま脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。

この日は劇場のエントランスゲートや廊下が本編のCUBE同様のデザインに彩られ、全スクリーンで世界初上映された。映画上映前には出演者が3チームに分かれ、各スクリーンを訪れるサプライズも。登壇した菅田は「映画を観てくれるお客さんの顔が見れて良かったです」と多くの観客の前で喜び、杏は「観客のみんな息をのんでいるのが伝わってきた」と語った。

本作は謎の立方体=CUBEに閉じ込められた、年齢も職業もバラバラの男女6人だけで物語が進行するため、撮影もほぼ6人だけで行われた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.