くらし情報『うだま飯 (1) 昔話に出てくるご馳走「白い米の飯」を作って食ってみた』

うだま飯 (1) 昔話に出てくるご馳走「白い米の飯」を作って食ってみた

うだま飯 (1) 昔話に出てくるご馳走「白い米の飯」を作って食ってみた
皆さん、子供のころよく昔話をしてもらったかと思います。その中に、こんな話があるのをご存知でしょうか? 「三合めし四合だご」というお話です。

○衝撃的なラスト

こんな感じのお話です。宮崎に残る民話なので、地元だという方はご存知かもしれません。最後のナレーションで、つい「そっちが教訓!?」と叫んでしまいました。取り乱してしまいすみません。

この時代では、米を作っても作ってもみんな年貢で取られてしまいます。百姓の手元に残るのは、腹もちの悪い粟や稗ばかり……。
ひだりぃどんは毎夜、米の飯を腹いっぱい食う夢を見ます。

「一度でいいから、米ん飯ば腹いっぺぇ食うてみてぇもんじゃのう」とつぶやくひだりぃどん。ついに彼は、隠し田を作ってしまいます。隠し田とは、取れた米を税として納めずに、全部自分のものにしてしまえる田んぼのことです。これがお上に見つかったら、打ち首になってしまうほどの重罪です。

毎晩毎晩、昼の田んぼ仕事が終わった後、夜も眠らずひだりぃどんは隠し田で稲を育てます。ついに念願が叶い、一升ばかりの米をこしらえたひだりぃどん。真夜中に、旨い米の飯を炊いて、がむしゃらにむさぼり食います。
しかし、夢を叶えた後、ひだりぃどんは、ニカっと笑った笑顔のまま、息絶えてしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.