くらし情報『日本語入力システム「ATOK 2016」、場面によって変換候補が適切に変化』

2015年12月3日 19:23

日本語入力システム「ATOK 2016」、場面によって変換候補が適切に変化

日本語入力システム「ATOK 2016」、場面によって変換候補が適切に変化
ジャストシステムは3日、日本語入力システムATOKシリーズの新製品「ATOK 2016 for Windows [ベーシック]」と「ATOK 2016 for Windows [プレミアム]」を発表した。同日より予約開始し、発売は2016年2月5日。希望小売価格はベーシックが税別8,000円、プレミアムが税別12,000円。

最新版の「ATOK 2016」では、見ているページに合わせた候補を表示する「ATOKインサイト」、ページに記載している単語を電子辞典で調べられる「ATOKイミクル」、利用時の"疲れ"を告知する「リフレッシュナビ」といった新機能を搭載した。

「ATOKインサイト」では、外出先で取引先からのメールに返信しつつ、ブラウザアプリでチェックした記事にツイートするなど、他の文書や同一文書内を参照しながら文字入力する際に、その文書内の言葉を優先的に変換候補として表示。例えば、取引先にメールを返信する場合、「たい」から始まる言葉の候補は「対応機器」や「対象」などとなるが、スポーツの記事について、SNSで「たい」と入力した場合、「体験レッスン」などが候補に上る。参照先の言葉は、参照中のみ「ATOK」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.