くらし情報『藤井道人監督、再び『新聞記者』に挑んだ理由 米倉涼子の座長ぶり、綾野剛・横浜流星への信頼も語る』

2022年1月16日 10:00

藤井道人監督、再び『新聞記者』に挑んだ理由 米倉涼子の座長ぶり、綾野剛・横浜流星への信頼も語る

藤井道人監督、再び『新聞記者』に挑んだ理由 米倉涼子の座長ぶり、綾野剛・横浜流星への信頼も語る

●「映画版を超えられると思っていた」
進行形の政治問題やスキャンダルに真正面から切り込み賛否両論を巻き起こした映画『新聞記者』(2019)が、さらに進化して全6話のNetflixシリーズとして13日より配信されている。第43回日本アカデミー賞では3冠を達成するなど、高い評価を受けた劇場版を超える意気込みで本作に臨んだというのが、映画『新聞記者』から引き続きメガホンを取った藤井道人監督。初タッグとなった米倉涼子、これまでも作品を共にしてきた綾野剛、横浜流星といった役者陣への並々ならぬ信頼感をはじめ、『新聞記者』とドラマ『アバランチ』の共通点、相違点までを語った。

○■もう一度やる意味「“声なき人の声”を世界に届けられる」

権力の不正を追及する東都新聞社会部の記者・松田杏奈(米倉)が、事件を闇に埋もれさせないように必死で証言を集め、真相を追っていく本作。松田だけではなく、政治家、官僚、司法関係者、市井の人々などそれぞれがもがきながら自身の正義を見つけていこうとする様を描き出し、映画版以上に深さと広がりを持った作品として完成した。Netflixシリーズ『新聞記者』の監督オファーを受けた時には、「一度映画として完成したものをセルフリブートとしてドラマ化するということで、自分がこの作品をもう一度やる意味って何だろうと考えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.