くらし情報『白石麻衣、膝上ミニで絶対領域! ドスのきいた声で派手なキャラ演じ「正反対」』

2022年1月19日 21:17

白石麻衣、膝上ミニで絶対領域! ドスのきいた声で派手なキャラ演じ「正反対」

白石麻衣、膝上ミニで絶対領域! ドスのきいた声で派手なキャラ演じ「正反対」

映画『嘘喰い』(2月11日公開)のジャパン・プレミアが19日に都内で行われ、横浜流星、佐野勇斗、白石麻衣、本郷奏多、櫻井海音、村上弘明、三浦翔平、中田秀夫監督が登場した。

同作は迫稔雄作による同名人気ギャンブル漫画の実写化作。正体不明のギャンブラー斑目貘(横浜)が、日本の闇社会を牛耳るギャンブラーの頂点・会員制の倶楽部賭郎というあらゆるギャンブルや殺しが行われる賭けの場で、悪人たちの巨額の金と命を懸けた、ゲームを繰り広げる。

闇カジノのオーナー・鞍馬蘭子を演じた白石は「見た目のインパクトが1番大きいかなと思って、衣装もヘアスタイルも結構派手な感じで、ほとんど地毛で作らせてもらっています。私も蘭子に変わっていく自分を見ててすごい楽しませてもらいました」と満足げ。「かっこいいだけじゃなくて、ふとした瞬間に女性らしい表情とかも見えるので、そういう所も見ていただけたらいいなと思います」とアピールした。

ふだんの自分とは全く違うというキャラクターで声色も変えているため、白石は「気を抜くと戻っちゃうので、そこは監督に何回も『いつもの白石さんが出てるから』と言っていただきました」と明かす。

さらに、質問カードをそれぞれ取って答えるコーナーでは、横浜が「演じたキャラクターと1番ギャップがあると思う方は?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.