くらし情報『三浦貴大が3人の女性との関係に揺れ…生々しい恋映す『マンガ肉と僕』予告』

2016年1月16日 21:00

三浦貴大が3人の女性との関係に揺れ…生々しい恋映す『マンガ肉と僕』予告

三浦貴大が3人の女性との関係に揺れ…生々しい恋映す『マンガ肉と僕』予告
女優の杉野希妃が主演を務め、長編作として初めてメガホンも取る映画『マンガ肉と僕』(2016年2月11日先行、13日より全国公開)の予告映像とポスタービジュアルが15日、公開された。

原作は、朝香式氏が新潮社より刊行した同名小説。気弱で引っ込み思案の青年・ワタベ(三浦貴大)は、大学になじめず孤独な日々を送っている。一方、同大学の熊堀サトミ(杉野)は、太ったみすぼらしい容姿から、周囲の嘲笑を受ける存在。自然に接してくれる唯一の存在・ワタベの優しさにつけ込んだ、サトミはワタベの自宅に転がり込んで寄生し支配していく。ワタベとサトミ、ワタベが好意を寄せる菜子(徳永えり)とさやか(ちすん)ら4人の歪んだ恋愛模様を映す。

予告映像は、特殊メイクを施した杉野演じるサトミが、講義室で隣の席を空けていたワタベに「ここ座っていい?」と尋ねるシーンから始まる。ワタベの家に寄生しながら、マンガのような肉や膨大な量のスナック菓子を食べ「嫌われるために太る女」サトミ。ついには、ワタベの食料も奪うようになっていく。

一方、ワタベはバイト先で菜子と知り合い、告白。しかし、実はその菜子も「愛に依存する女」で、強引にワタベとの関係を求めるようなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.