くらし情報『劇場版『ガルパン』興収9億円超え、杉山Pが明かす入魂の戦車シーンとは!?』

2016年1月19日 19:00

劇場版『ガルパン』興収9億円超え、杉山Pが明かす入魂の戦車シーンとは!?

劇場版『ガルパン』興収9億円超え、杉山Pが明かす入魂の戦車シーンとは!?
2015年11月21日より公開中の劇場アニメ『ガールズ&パンツァー 劇場版』の累計興行収入が9億円を突破したことが明らかになった。

『ガールズ&パンツァー』は、戦車を使った武道"戦車道"が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている架空の世界を舞台とした作品。劇場アニメでは、学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝で終えた主人公たちが立ち向かうことになる新たな戦いが描かれている。

公開から55日が経過した1月14日には、公開館数91館で累計動員62万2610人、累計興行収入9億961万5824円を記録した本作。ヒットを受け、1月8日には『ガールズ&パンツァー 劇場版』大ヒット御礼&「明けましておめでとうございます!」舞台あいさつが行われ、西住みほ役の声優・渕上舞と杉山潔プロデューサーがイベントに参加した。

渕上は年末に地元に帰省した際に弟から「ガルパンはいいぞ」というワードがSNSで流行していることを聞かされ、ヒットを実感したという。杉山プロデューサーは数字の大きさに「ピンとこない」としながらも、「上映館が二桁ながら、公開6週目にして映画の動員ランキングの10位までに返り咲くことができたのはうれしかったですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.