くらし情報『『ガラスの花と壊す世界』、日中米同時公開! 上海では舞台挨拶を実施』

2016年1月23日 17:34

『ガラスの花と壊す世界』、日中米同時公開! 上海では舞台挨拶を実施

『ガラスの花と壊す世界』、日中米同時公開! 上海では舞台挨拶を実施
ポニーキャニオン×A-1 Picturesによるオリジナルアニメプロジェクトとして制作された完全新作アニメーション『ガラスの花と壊す世界』。2016年1月9日(土)に公開初日を迎えた本作は、上海(中国)の宛平劇場でも日本の公開初日に合わせ上映された。

中国でアニメーション映画が日本公開と同日上映されるのは初めてのことで、同劇場には1,000人を超える来場者が集まり、映画観賞とファンミーティングを楽しんだ。

『ガラスの花と壊す世界』は、2013年「アニメ化大賞」において、多数の応募作品の中から見事大賞を射止めた『D.backup』を原案とした劇場作品で、脚本:志茂文彦×キャラクター原案:カントクという2大ヒットメーカーによって新たに構成された作品世界観を、『進撃の巨人』や『PSYCHO-PASS サイコパス 2』のオープニング演出を手掛けた石浜真史監督によって映像化された作品である。

上海の宛平劇場で行われた舞台挨拶には、本編上映後、日本での舞台挨拶から直接駆けつけたリモ役の花守ゆみりとデュアル役の種田梨沙が登壇。トークコーナーでドロシー役の佐倉綾音が日本からの中継で参加し、三人がそれぞれ中国語で挨拶をすると来場者全員総立ちとなって声援で応えるなど、会場は最初から熱い盛り上がりを見せた。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.