くらし情報『電力会社の変更、消費者の3割が「月額500円の値下げ」で検討』

2016年1月26日 08:30

電力会社の変更、消費者の3割が「月額500円の値下げ」で検討

電力会社の変更、消費者の3割が「月額500円の値下げ」で検討
電通は22日、「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」の結果を発表した。調査期間は2015年11月、対象は全国20~69歳の男女5,000名。

○自由化の認知度は上昇も、内容認知は微増

「電力自由化の認知度」について「内容まで知っている」(8.9%)、「内容は分からないが、自由化されることは確かに知っている」(53.3%)を合わせると全体の62.2%と、2014年12月に実施した第1回調査より15.3ポイント増加した。一方で、「内容認知」については第1回調査から2.4ポイント増にとどまった。

「電力購入先の変更意向」については、21.0%が「変更したい(すぐにでも+変更する方向で検討)」と回答。「検討するが、変更するかどうかはわからない」(59.0%)という「検討意向」までを含めると80.0%に達した。

「事前申込での変更意向」を聞いたところ、「事前申込(必ず+申し込む方向で検討)」が11%。現在の電気料金から「月額500円の値下げ」で変更を検討する人は変更意向全体の29%、「月額1,000円」の値下げであった場合は56%にまで増えた。

「電力会社と新電力会社のイメージ」を尋ねたところ、「電力会社」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.