くらし情報『HPE、リソースが組み換え可能なハイブリッド・インフラ向け基盤「Synergy」』

2016年1月28日 14:21

HPE、リソースが組み換え可能なハイブリッド・インフラ向け基盤「Synergy」

HPE、リソースが組み換え可能なハイブリッド・インフラ向け基盤「Synergy」
日本ヒューレット・パッカードは1月27日、リソースを自由に切り出して組み立てることができる「コンポーザブル・インフラストラクチャ」に基づく、オンプレミスとクラウドが共存する「ハイブリッド・インフラ」向けの最新プラットフォーム「HPE Synergy」を発表した。

「HPE Synergy」は、コンピュート、ストレージ、ネットワークスイッチの主要モジュールと各種アダプタを単一または複数のフレーム(筐体)に収納し、コンポーザブル・インフラストラクチャを構成できるよう設計されている。

HPE Synergy自体は、米Hewlett Packard Enterprise(HPE)が2015年12月に開催したイベント「Discover 2015 London」で発表済みだが、今回は具体的な新製品のお披露目となる。

各モジュールはコンポーネント化されており、数・構成を自由に変えることが可能。例えば、CPUの処理能力を重視する場合は複数のコンピュートモジュールを多く積み、また、ストレージが求められる業務ではストレージを多く積むなど、用途や目的に応じて性能を柔軟に変化させることができる。

また、複数のフレーム間にある物理リソースを、同一のリソースプールとして扱えるのもポイントの1つ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.