くらし情報『"カンフー・パンダ"3作目が首位キープ、『高慢と偏見とゾンビ』映画版も初登場 - 北米週末興収』

2016年2月8日 16:43

"カンフー・パンダ"3作目が首位キープ、『高慢と偏見とゾンビ』映画版も初登場 - 北米週末興収

"カンフー・パンダ"3作目が首位キープ、『高慢と偏見とゾンビ』映画版も初登場 - 北米週末興収
米BOX OFFICE MOJOは2月5日~2月7日の全米週末興業成績を発表した。

『Kung Fu Panda 3(原題)』が今週も首位をキープ。2週連続でトップに立ち、累計興行収入は6,905万957ドルとなった。

前週2位の『レヴェナント: 蘇えりし者』を3位に抑え、『Hail, Caesar!(原題)』が2位に初登場。ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作で、1950年代のハリウッド黄金期を舞台に、映画界の内幕を描いたミュージカル・コメディジョージ・クルーニーをはじめ、チャニング・テイタム、スカーレット・ヨハンソンなどハリウッド大スターがキャストに名を連ねる。

歴史的ヒット記録を更新し続けている『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は前週3位から4位へと今週もワンランクダウン。公開から1カ月以上経過し、その勢いは失速しつつあるものの、累計興行収入は9億596万1,469ドルとついに9億ドルの大台を突破した。

5位は初登場の『The Choice(原題)』。『きみに読む物語』などの作品でおなじみのニコラス・スパークスの同名小説『きみと選ぶ道』を映画化した作品で、隣人として出会った男女が恋愛関係に発展していく命運を描く。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.