くらし情報『樋口真嗣監督「永遠に撮っていたいぐらい楽しい撮影だった」 - 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』Blu-ray/DVDが2月17日発売』

2016年2月17日 14:00

樋口真嗣監督「永遠に撮っていたいぐらい楽しい撮影だった」 - 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』Blu-ray/DVDが2月17日発売

樋口真嗣監督「永遠に撮っていたいぐらい楽しい撮影だった」 - 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』Blu-ray/DVDが2月17日発売
●「進撃の巨人」との出会い
2015年8月1日より公開された劇場作品『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が、Blu-ray/DVDとなって2016年2月17日にリリースされた。

2009年に「別冊少年マガジン」(講談社刊)にて連載が開始して以来、そのオリジナリティー溢れる構成力でたちまち全世代を虜にした、諫山創氏が描くコミックス『進撃の巨人』を原作とする本作。2015年9月19日には後篇となる『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』も公開され、2部作の合計興行収入が50億円に迫る大ヒットを記録した。

映画化にあたり、監督を務めたのは、『ローレライ』(05)、『日本沈没』(06)、『巨神兵東京に現わる』(12)、『のぼうの城』(12/共同監督)などを手掛けた樋口真嗣氏。スタッフとともに常に新たな特撮の可能性に挑んできた樋口監督だが、本作では特撮とCGの融合を追求した映像<ハイブリッドVFX>を活かし、"CG だけでは得られない生のリアルさ"と"特撮では得られない飛躍"をスクリーン狭しと展開し、実写ならではの魅力を追求した作品に仕上がっている。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.