くらし情報『RCサクセション「上を向いて歩こう」が時代劇主題歌! 阿部サダヲも感動』

2016年3月8日 21:00

RCサクセション「上を向いて歩こう」が時代劇主題歌! 阿部サダヲも感動

RCサクセション「上を向いて歩こう」が時代劇主題歌! 阿部サダヲも感動
故・忌野清志郎氏がボーカル&ギターを務めていたロックバンド・RCサクセションによる楽曲「上を向いて歩こう」が、俳優・阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』(5月14日公開)の主題歌となることが、このほど明らかになった。

磯田道史氏の『無私の日本人』(文春文庫)の一編「穀田屋十三郎」を原作とする本作。江戸中期の仙台藩吉岡宿を舞台に、穀田屋十三郎(阿部)ら9人が年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るために藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」のために奔走する姿が描かれる。阿部のほか、瑛太妻夫木聡松田龍平竹内結子らも出演する。

主題歌は、故・坂本九氏による名曲を激しいロック調でカバーした楽曲。RCサクセションの活動中はライブの定番曲となっており、演奏の前に、忌野氏はしばしば「日本の有名なロックンロール!」と口にしていた。

阿部は「発表しちゃうんですね。(映画の)最後清志郎さんの声が聴こえてくるとは思っていなかったので感動しました」と明かしながら、「発表しなくていいのに…」といたずらな笑みも浮かべる。一方、中村義洋監督は「プロデューサーから『どうでしょう?』と提案され、迷わず『イイね!』と答えました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.