くらし情報『本田翼、『ハガレン』“現代版ウィンリィ”のコーディネートを披露「ガチで寄せてくる」』

2022年5月16日 21:21

本田翼、『ハガレン』“現代版ウィンリィ”のコーディネートを披露「ガチで寄せてくる」

本田翼、『ハガレン』“現代版ウィンリィ”のコーディネートを披露「ガチで寄せてくる」

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカ―』(5月20日)舞台挨拶付き完成披露試写会が16日に都内で行われ、山田涼介、本田翼、本郷奏多、渡邊圭祐、栗山千明が登場した。

同作は2001年から2010年にかけて『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載された人気漫画の実写化作。亡き母を生き返らせようと、禁忌を犯して挑んだ"人体錬成"に失敗し、左脚と右腕を失った兄エドワード・エルリック(山田涼介)と、身体全部を持って行かれ鎧に魂を定着させた弟アルフォンス・エルリック(水石亜飛夢)の物語を描く。

今回の役でのこだわりについて、本田は「『ウィンリィってこういう格好だよね』という、つなぎにチューブトップという格好させていただいたんですけど、それを原作に近づけるように気を付けました」と明かす。この日は登壇者陣もそれぞれ役をイメージした格好を取り入れており、本田は原作の格好に近い衣装で登場した。

自身のポイントを聞かれた山田は「僕はハンカチーフ……」と胸元の赤いハンカチを紹介するが、周囲の空気を察し「違うんですよ、本田さんがこんなにガチでウィンリィに寄せてくるって思ってなくて!」と弁解する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.