くらし情報『レベルファイブ日野社長「僕の歴史の先生はシブサワ・コウさん」-『妖怪三国志』完成発表会』

2016年3月29日 12:37

レベルファイブ日野社長「僕の歴史の先生はシブサワ・コウさん」-『妖怪三国志』完成発表会

レベルファイブ日野社長「僕の歴史の先生はシブサワ・コウさん」-『妖怪三国志』完成発表会
レベルファイブとコーエーテクモゲームスは28日、4月2日発売予定のニンテンドー3DS専用ソフト『妖怪三国志』の完成発表会を、都内・THE GRAND HALLにて開催した。

本作は、レベルファイブの大人気シリーズ『妖怪ウォッチ』と、昨年シリーズ30周年を迎えたコーエーテクモゲームスの歴史シミュレーションゲーム『三國志』とのコラボレーションタイトルで、ジバニャンやコマさんなど、三国志の武将の力を宿した"武将妖怪"(400体以上)たちを率い、天下統一を目指すシミュレーションゲームとなっている。本作のテーマ曲「ブリンブリン大旋風」は、『妖怪ウォッチ』シリーズでおなじみのキング・クリームソーダが担当する。

発表会では冒頭、『妖怪三国志』のゼネラルプロデューサーであるコーエーテクモゲームスのシブサワ・コウ氏と、エグゼクティブプロデューサーであるレベルファイブ・日野晃博氏が登壇し、本作に対する思いを語った。

シブサワ氏は、本作の企画は1年前、日野氏のところに話を持ちかけたことからスタートし、常にワクワクとハラハラを感じる1年であったことを告白。「子どもさん向けのゲームはこうして作っていくのだと、楽しく仕事をすることができた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.