くらし情報『『あさが来た』終了で感謝の声続々「幸せな半年間」「心からありがとう」』

2016年4月2日 10:20

『あさが来た』終了で感謝の声続々「幸せな半年間」「心からありがとう」

『あさが来た』終了で感謝の声続々「幸せな半年間」「心からありがとう」

昨年9月28日より半年間にわたって放送されたNHK連続テレビ小説『あさが来た』(毎週月~土曜8:00~8:15)が2日、最終回を迎え、ネット上で感謝の声が続々と上がっている。

最終回(第156話)のラストは、あさが別荘に志の高い女性たちを集めて行った勉強会の場面。娘の千代(小芝風花)や成澤泉(瀬戸康史)らも見守る中、人を幸せにできる武器は「優秀な頭脳」と「柔らかい心」だと語りかけた。そして、話し終えたあさの目の前に亡くなった夫の新次郎(玉木宏)が現れるという、感動の再会で締めくくられた。

放送終了後、ツイッター上では「最後もとても素敵な終わりだったなぁ」「あさが来た最終回泣いた最後のしんじろうさんやばかった~」「最後ほんと感動した」「最後の新次郎さんの菜の花畑での登場は、涙止まらなかった」「涙腺崩壊」「朝から号泣」「愛の溢れた良いラストでした」などと感動の声が続々。

また、「本当にいいドラマだった…感謝…」「名作すぎる」「毎朝この15分間が本当に幸せな時間でした。心からありがとう」「幸せな半年間でした」「あさが来た、おおきに!!」「素敵な朝をいつもありがとう」「元気と勇気をもらった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.