くらし情報『「JT」は東海道線、「JC」は中央線…JR東日本、駅ナンバリングを導入』

2016年4月6日 16:40

「JT」は東海道線、「JC」は中央線…JR東日本、駅ナンバリングを導入

「JT」は東海道線、「JC」は中央線…JR東日本、駅ナンバリングを導入
東日本旅客鉄道(JR東日本)は4月6日、駅をよりわかりやすく把握できる「駅ナンバリング」を首都圏エリアで導入すると発表した。インバウンド需要や一般利用者にも、よりわかりやすく駅を認知してもらうための取り組みとなる。

一般的に駅ナンバリングは、路線名のアルファベットと、その路線に属する駅ごとに割り当てられる数字の組み合わせで表記されるが、ターミナル駅を多く抱えるJR東日本では、多くの路線が乗り入れる駅に「スリーレターコード」を導入し、ターミナル駅であることを強調する。

対象は首都圏エリアの276駅で、ホーム駅名票とホーム柱駅名票に10月1日以降、順次掲示される。駅名票についてはこれまで通り、日本語と英語、中国語(簡体字)、韓国語の4言語表記となる。

首都圏エリアの私鉄各線では、路線名と割り振られるアルファベットが直結しやすい。例えば東京メトロの場合、銀座線であれば「G」、丸ノ内線であれば「M」、副都心線であれば「F」で、東急線であれば田園都市線が「DT」、東横線が「TY」、目黒線が「MG」となる。

JR東日本の場合、対象路線が私鉄と比較して非常に多く、アルファベット1文字での表記が難しいため、または私鉄駅ナンバリングとの重複を避けるために、すべての路線で頭文字「J」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.