くらし情報『吉岡里帆、キュートな狐ポーズ! 人間離れした演出で「幽体離脱」状態に』

2022年6月24日 18:17

吉岡里帆、キュートな狐ポーズ! 人間離れした演出で「幽体離脱」状態に

吉岡里帆、キュートな狐ポーズ! 人間離れした演出で「幽体離脱」状態に

ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』の舞台挨拶が24日に都内で行われ、中村倫也、吉岡里帆、向井理が登場した。

同作はいのうえひでのり演出、中島かずき描き下ろしによる伝奇時代劇で、2020年春の『偽義経冥界歌』から約1年半ぶりの“いのうえ歌舞伎”となる。「狐の子」を名乗る陰陽師・晴明(中村)と、陰陽師に化けた九尾の狐(向井理)が、手練手管の頭脳戦を繰り広げる。6月24日より全国の映画館で「ゲキ×シネ」として公開される。

狐役を演じた吉岡は「想像してた狐とちょっと違いまして、尻尾と耳がめっちゃ大きいので見ていただきたい。尻尾と耳の重さに殺陣の動きがついていけない時があって。稽古の時は軽い発砲スチロールみたいな尻尾をつけてやっていたので、本番用のをつけた瞬間に急に難易度があがるという。励まされながら頑張ってました」と振り返った。

中村は「いやあ、すごかったですよ」「物理的な体力も使うし、相当大変なことが求められるけど、(吉岡は)最初それをあまりわかってなかったんです。不安はあったと思いますけど、弱いとこを見せない人なので『大丈夫です』と言って大丈夫じゃない状態になってくという稽古も見てたし。でもこれだけ一生懸命にやれる人がまず少ないだろうなと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.