くらし情報『オリラジ藤森、50歳院長役に挑戦 - 共演の乃木坂・齋藤飛鳥は「中田さん派」』

2016年6月29日 07:00

オリラジ藤森、50歳院長役に挑戦 - 共演の乃木坂・齋藤飛鳥は「中田さん派」

オリラジ藤森、50歳院長役に挑戦 - 共演の乃木坂・齋藤飛鳥は「中田さん派」

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が、7月3日(深夜1:40~2:40)に放送されるテレビ朝日のドラマ『少女のみる夢』(関東ローカル)に、50歳の医師役で出演することが29日、明らかになった。

このドラマは、「第15回テレビ朝日新人シナリオ大賞」で、1,394篇の応募の中から大賞を受賞した藤原忍氏の作品を映像化するもの。乃木坂46の齋藤飛鳥と星野みなみがダブル主演を務め、こん睡状態となった親友同士の2人の少女の不思議な心の交流を描く、青春ファンタジードラマだ。

"乃木坂46ファン"を公言する藤森は、初の医師役で、2人の少女が入院する病院の50歳の院長という役どころに挑戦。「『え?俺が?』と思いましたが、メークしたらそれなりに! 皆さんには、その違和感を楽しんでいただきたいです(笑)」と呼びかけている。

また、「"乃木坂推し"としては大変うれしいお仕事でした。今、ノリに乗っている乃木坂メンバーの活躍を間近で拝見でき、感動です!」と、今回の共演に歓喜。しかし、齋藤から「私、中田(敦彦)さん派なんです」と言われてしまったことを明かした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.