くらし情報『永野芽郁、"エジプトの女神"と称賛され感激「うれしい」』

2016年8月30日 21:23

永野芽郁、"エジプトの女神"と称賛され感激「うれしい」

永野芽郁、"エジプトの女神"と称賛され感激「うれしい」

女優の永野芽郁が30日、東京国立博物館で行われた映画『キング・オブ・エジプト』(9月9日公開)のジャパンプレミアに登場。自身が吹き替えを担当したヒロイン・ザヤ役の女優コートニー・イートンと対面を果たした。

本作は、古代エジプトを舞台に、神と人間が共存する世界で繰り広げられる王座をかけたバトルを描いた物語。ジャパンプレミアには、来日した主人公・ベック役の俳優ブレントン・スウェイツとヒロイン・ザヤ役の女優コートニー・イートン、そして、日本語吹き替え版でベックの声を演じた玉森裕太とザヤの声を演じた永野芽郁が参加し、ファン500人が集まったレッドカーペットを歩いた。

永野は、イベントに参加した感想を聞かれ、笑いながら「ベリー! ファン!(とても楽しい)」と、来日したブレントンとコートニーにも伝わるように英語でコメント。「初めてレッドカーペットを歩いたんですけど、きれいなドレスも着ているので、大人になった気分でピーン!となります」とほのぼのとした口調で話すと、「かわいい!」という声があがった。

そして、自身が吹き替えを担当したザヤ役のコートニーと対面し、「隣に並んじゃいけないなっていうくらいきれい方だなと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.