くらし情報『波瑠、横山裕に家を聞かれ「なんで?」 - 最終回直前『ON』比奈子&東海林語る』

2016年9月2日 11:00

波瑠、横山裕に家を聞かれ「なんで?」 - 最終回直前『ON』比奈子&東海林語る

波瑠、横山裕に家を聞かれ「なんで?」 - 最終回直前『ON』比奈子&東海林語る

●初めて「気持ちの揺れ動きのない役」を演じた
残すところ、6日放送の最終話のみとなった関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(毎週火曜22:00~)。驚異的な記憶力があり、犯罪者の心理に異常なまでの興味を持つ女刑事・比奈子(波瑠)の活躍を描く同作は、各回の事件の行方だけでなく、殺人者との境界線に立つ比奈子がどういった結末を迎えるのか注目を受けている。

この度キャストの囲み取材が行われ、主役の藤堂比奈子を演じる波瑠、比奈子の先輩刑事・東海林泰久を演じる横山裕(関ジャニ∞)が出席。最終回への意気込みやこれまでの振り返りを語った。

○「どこに住んでるの?」と聞いても教えてもらえなかった

――2カ月撮影が進んで、比奈子、東海林それぞれの役の感想を教えてください。

波瑠:比奈子はある意味人間離れしているというか、初めて気持ちの揺れ動きのない役を演じました。ふだんは役の人間性に頼ってお芝居していたのに、今回は手がかりがないんだな、と気づきました。結末に向けて逆算しながら演じて、すごく頭を使う役でしたね。

横山:始めは東海林の方がおかしいのかなと思っていたんですけど、どんどんどんどん比奈子のおかしさが出てきて、東海林はそこに気づき出して。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.