くらし情報『遠藤章造「感無量」・田中直樹「ドキュメントだった」 -『黄金伝説』最後の収録』

2016年9月22日 07:00

遠藤章造「感無量」・田中直樹「ドキュメントだった」 -『黄金伝説』最後の収録

遠藤章造「感無量」・田中直樹「ドキュメントだった」 -『黄金伝説』最後の収録

お笑いコンビのココリコらがこのほど、テレビ朝日系バラエティ番組『いきなり!黄金伝説。』最終回(きょう22日19:00~21:48放送)の収録に臨み、18年におよぶ歴史を振り返った。

今夜放送の最終回は、1998年10月に深夜枠で『ココリコ黄金伝説』としてスタートしてから、『ココリコA級伝説』(99年4月~00年3月)をへて、00年4月から現タイトルとなってゴールデンに進出した、同番組18年分の名場面を次々に放送。

挑戦者は430人、挑んだ伝説は460にもなり、「1ヶ月1万円生活」「○だけで1週間」「サバイバル生活」といった人気シリーズや、大物タレントが挑戦した企画など、秘蔵映像を紹介していく。

遠藤昇造は「われわれココリコの2人がくだらないことを伝説として、一生懸命やり始めたのが『黄金伝説』のスタート。そこから18年の間に、芸人さんだけにとどまらず、430人もの著名な方が伝説に挑戦してくださったとは…感無量です」と語り、「スタッフさんも大変な苦労があったかと思います。もう感謝しかございません!」と挨拶。

一方の田中直樹は「僕は『黄金伝説』って、ずーっとバラエティだと思ってたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.