くらし情報『ピコ太郎、50人のダンサーと「PPAP」披露 - 『ベストヒット歌謡祭』に登場』

2016年11月18日 05:00

ピコ太郎、50人のダンサーと「PPAP」披露 - 『ベストヒット歌謡祭』に登場

ピコ太郎、50人のダンサーと「PPAP」披露 - 『ベストヒット歌謡祭』に登場

読売テレビ・日本テレビ系音楽特番『ベストヒット歌謡祭2016』が17日、大阪・フェスティバルホールから生放送され、世界で「PPAP」がヒットしているピコ太郎ら、19組のアーティストがパフォーマンスを繰り広げた。

ピコ太郎は、トランプ次期米大統領の孫娘もマネをしたことが話題の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」のスペシャルロングバージョンを、50人のダンサーを引き連れて披露。ステージに現れただけで、会場のボルテージは最高潮に達し、番組を大いに盛り上げた。

きゃりーぱみゅぱみゅは「つけまつける」「最&高」「ファッションモンスター」をメドレーで披露。歌の途中で、スモークに紛れて衣装の早着替えを見せる場面もあり、観客を楽しませた。

デビュー20周年を迎えるゆずは「支えてくれた皆さんのおかげ」と感謝を語り、坂本九の名曲をオリジナルアレンジした「見上げてごらん夜の星を~ぼくらのうた~」を、30人の幼稚園児に囲まれ歌唱。その後、KinKi Kidsの出番に再び登場し、ともに迎えるデビュー20周年の思いを語った。

星野源は、TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌「恋」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.